オフ会ってなにしてるの?

たまに聞かれるやつ。

 

ブログを始めてからブログを通じて人に会うようになった。

誰とでも会うわけではないけど、この人とは気が合いそうだなぁとかもっと話してみたいなぁって思ったら結構さくっと会う。

ブログというものがその人の内面の、どんなものが好きだとか嫌いだとか、興味があるとか、どんな考えをしてるとか、そういうものを最初から見せてくれてるから安心して会える。

内面から出会ってる。

 

で、「なにをしてるの?」っていうとね、別に普通にリアルの友だちと会って遊んでる時と変わらない気がする。

これまでやったオフ会を思い出してみた。

 

はじめてのブログオフ会。

名古屋のブロガーさんが東京に遊びに来るからってついでに会うことになったときは、東京らしい場所に行ってみたいってことで築地と浅草に行った。

そのエリアを散歩をしながら豊洲のららぽーとに寄って一緒に映画館でコナンを観た。

 

ミニマリストと集まるときはゲストハウスに行くことが多い。これは普段友だちとは行かないから新鮮。

だけどそこでやってるのは飲みながら話してるだけだから特別なことをしているわけでもない。

 

あとはフットサルをしたり卓球をしたりテニスをしたり、カメラ散歩をしたり、公園でお絵描きしたり、ローラースケートしたり、温泉に行ったり、ふるさと祭りに行ったり、着物を着て街歩きをしたり、こだわりのおいしいコーヒーを飲みに行ったり、カニ味噌を食べに磯丸水産行ったり。そのときそのときでバラバラ。

共通していることは、いつも一緒に「好き」を楽しんでる。

 

ブロガーさんのいいところは「好き」へのアクセスが早いことと、フットワークが軽いこと、お互いのことを中身を含めてよく知った上で会ってること。

オフ会でやってる内容は特別なことはないけど、仲良くなれるスピードが早くて面白い。

自分の中身を発信し続けてるとそれに合う人と出会えるからブログは楽しい。