僕はあとどれだけ彼女の胸で眠れるだろうか

2018年も残すところあと数日。

 

今日は彼女の帰りが遅い。

もうすぐ深夜の2時に差し迫る。

 

しかし、何も連絡がないわけではなくて。

彼女は今日が仕事納めなのだ。

所属する部署で飲み会があり、終電はもはやないこと、部署の先輩とタクシーで帰宅することなどの連絡が届いている。

 

普段は僕の方が帰りが遅い。

彼女は、僕が仕事であれば夕飯を待っていてくれるし、飲んで帰ってくるようなことがあれば寝ていることもある。

 

2時を過ぎた。

さすがに寝てしまおうかとも思ったが、彼女の立場をここで実感する。

 

起きていようが寝てようが、彼女は一人待っているのだ。

それが彼女にとって寂しい時間なのかどうかは知らないが、待たせているという事実は間違いない。

 

そして自分の立場で振り返ってみても、彼女が起きて待っていてくれた時、僕は嬉しい。

それはきっと立場が反対でも同じことだろう。

 

これから何度、彼女の隣で眠れることだろうか。

結婚して子供ができるかもしれないし、その前に別れてしまうかもしれない。

そもそも人間に死は必ず訪れるのだから、隣で眠る夜は有限だ。

 

いつかやってくる別れを少しでも後悔しないためにも、一夜でも多く、意識のあるうちに、彼女の隣で眠りへつきたい。

 

いつもありがとう。

来年もよろしく。

 

あと、もう少し早く帰れるように頑張るね。