努力は報われる。

努力より才能とか、努力が報われない社会になったという人がいます。

そこで努力をあきらめないでほしいと思います。また努力しても意味がないと思い込まないでください。適齢期を過ぎて後悔することほど、残念なことはありません。

努力は報われます。

ただし書きがつきます。

1.正しい努力をすること
(1)見当違いの努力は、力になりません。努力するならできるだけ先達の意見を聞いて正しい努力をしましょう。

(2)努力する前に適性の有無を見極めましょう。努力以前の問題として、例えば体格や年齢が決定因になることがあります。

2.人並み外れた努力をすること
(1)なにかで一流になるには、文字通り寝食忘れるくらいの努力が必要です。努力が見えづらいのは、努力は誇ることではないからです。

(2)名を成した人ともう少しの人との間には、とんでもないくらいの努力の量の山がそびえています。

3.絶対にあきらめないこと
(1)極論として、できるまであきらめないことという言い方があります。そのとおりです。

(2)世の中は公平ではありません。努力の量に比例して認められるわけではありません。できないことへの言い訳はやめましょう。

4.自分と勝負しましょう
(1)誰かは才能があるとか、恵まれているとか、言い訳はやめましょう。

(2)どこまでやれるかは結局、自分自身のこころとの勝負です。

努力する人とそうでない人との差は、言い換えるならどこまで辛抱強くいられるか、我慢できるか、自分や周りを信じられるかの差です。

努力できるのは一つの才能です。努力できる力を持てば、いろんなことができるようになります。傍から見れば、なんでもできるというように見えるでしょう。

でもそれは最初からできたわけではありません。営々とした努力、人並み外れた努力の積み重ねの上に成り立っているのです。
※文字ばっかりですみません