好きなことをやるのが一番!

自然の中に行って写真を撮るのが大好きです。
というか、山を歩いているのが大好きで、その途中でカメラを取り出して写真を撮っていることが多いのです。
 山を歩いているのが好きなのか?
 写真を撮るのが好きなのか?
どちらの一番なのか分からなくなるのですが、はっきり言って・・・
両方好きですね!

トレッキングのガイドをしているので、週に一度程度は山へ通います。
今の時期はまだ高い山は残雪があるので、300mから1000m程度の低山で、ゲストの皆さんと一緒に足慣らしです。前にも行っていることですが、ここ米沢は雪国ですから12月から3月まで山ガールたちは行動をお休みしていますからね。
 山は春の花もいろいろと咲いていって、木々は新緑がまぶしいです。
山がいっせいに生命を開花させて、秋になって葉を落とすまでの7ヶ月くらいの間イキイキと緑の呼吸をしています。

山が好き 自然がすき 山野草が好き
山に行く仕事をして、写真を撮って仕事になる=なんて素敵な生き方なのでしょう! 自分でもそう思います。好きなことを仕事にする生き方ですからね。
 昔は、好きなことを仕事にすると行き詰るよとか~
仕事にすると嫌になるかもよとか~
今まで一緒の好きな友だちが離れていくよとか~
いろいろと言う人もいましたが、そんなことはありません。
 たとえあったとしてもそういう人は何が起こったとしても結局離れていく人ですし助けてくれることもありません。それよりも一緒に行動して喜んでいただける方がたくさん増えていきますからね。
 自分の好きなことをする、コレが一番でしょ!!

これからも山を歩いて写真を撮る生き方をやっていきます!
(決意って感じ 笑)

 そして最近なんですが、古民家や古い建具にもレンズが向かい始めました。
桜の花を撮っていたときにたまたま撮った古い建物の木の窓の写真に、写真を見ている方の反応が多かったんです。もちろん私も《和》の感じが大好きなのでカメラのシャッターを押す回数が増えてきました。

ガラスに周りが映りこんでいていますね・・・まだまだ機材がなくて、偏光レンズに手が伸びてしまいます。ポチっと直前です。笑

 日本の家屋、木造の古い建物には昔から魅かれています。
これからはカメラを向けるジャンルに、日本家屋と建具が増えました。

 撮る作業が増えます。
うれしいことですね。山に行くこと・自然の写真を撮ること、それをやっていたら、自分で日本家屋が木造家屋が好きだったことを思い出しました。
 歩いていないとカメラを持たないと分からなかったことを発見できたうれしさで5月は楽しく過ごせそうです。