線路沿いのマンションと洗濯物、そして夢と希望 2018/04/02 #aboutalk

晴れた日の午後。
電車に乗って、窓の外をぼーっと眺めていた。

カーブに差し掛かった時、ほんの一瞬キレイなマンションが見えた。
2LDKの部屋が多そうな15階建てのマンション。

晴れた日ということもあり、洗濯物が並んでいる。
電車から見えたのも1秒ほどだったので、詳しくは分からない。

だけど、そこに干されていた洗濯物。
どこか夢と希望にあふれていた。

一つ一つの部屋で、家族が楽しそうに暮らしている様子が目に浮かんだ。

条件も良かった。
春の日差し、心地よいそよ風、新しいマンション、真っ白な洗濯物。
全てが人生を後押ししてくれるような、そんな瞬間だった。

同じ電車には何百人と乗客がいただろうが、窓に映る洗濯物をみてワクワクした人はいただろうか。

私にも素敵な瞬間がやってくるかな。
答えが分かるのは数年先になりそうだ。

Daily Life は CONTENTS