好きな人いますか? 2018/04/25 #aboutalk

「好き」という感情が、こんなにも変化するのか。と。
最近の自分に何度も問いかけているけど、昔の「好き」はやってこない。

ちょうど昔の恋人の誕生日だから、昔のことを思い出してしまう。

恋愛にも不慣れで、いつの間にか好きになって、モヤモヤと自分の中の自分を追いかけながら、次はどうしたらいいのか分からなくなっていたころ。
高校生の頃だった。
やっとカラー液晶になった携帯電話を握りしめながら、1通のメールを返すのに何十分も書き直したりした。

割引のオプションをつけても電話代は高かった。
写真を送るのも一苦労だし、画質もそんなによくない。

でも、そうやって画面越しにでも恋人のことを考えられることが、当時の自分にとっては新鮮だった。

年齢も当時の倍になってしまった今、本当に好きだと思うことはあるのだろうか。
視野が広がり恋愛以外にも興味が出てくる、恋愛にしても盲目的に「好き」だけでは突っ走っていけない。
ノイズ混じりの「好き」でしかない、それが当然になってしまった。

本当に小さなことで嬉しかったあの頃、バカみたいに夢を語り合ったあの頃。
遠い思い出で済ませてしまっていいのだろうか。

損得無しに、しがらみ無しに、もっと素直に「好き」と言えたら。
ノイズの無い「好き」を手に入れたい。