苦手なものは、やることすら忘れる 2018/06/01 #aboutalk

4月の終わりに「読書をして、それを記事にしよう」と決めた。

結果、5月は1冊も本を読まなかった。
その結果、DDでは1記事も書けなかった。

読書が苦手。
だから、無理やりやろうとしたけど、結果としては無理だった。

5月も楽しいことがいっぱいあった。
書きたいこともいっぱいあった。
でも、本は読まなかった。

苦手なものは、やることすら忘れる。

読書をしなきゃと思っていたのは初めの数日だけ。
いつの間にか、読書そのものを忘れていた。

これじゃダメだなーと思ったけれど、これが自分自身のナチュラルなのかもしれない。
自分の気持ちに正直になった結果なのだ。

忘れてしまうようなこと、それは自分自身の人生にとって優先順位が低いのだろう。
それなら、さっさと忘れてしまったほうがいいのかもしれない。

 

忘れることで、自分がやりたい”何か”が見つかるような気がする。